和光市で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

和光市で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

和光市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

和光市の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

和光市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

求職中に親の会社で働いていたら、パワハラを受けて就活が怖くなってしまった。この損害は請求できるのでしょうか?

30代女性、和光市に住んでいます。現在求職中です。親の工場で、仕事が決まるまでパートで働くことになりました。生肉を加工した商品がコンベアで流れてくるものを、決められた数だけかごに入れて流す作業で、異物がないか確認したりもします。初心者なので、最初はゆっくりのラインでやらせて貰っていましたが、途中から上司と組まされることが多くなりました。

通常、商品を流す人は、一緒に作業をする人が付いて行けているのか、時々合図をしたりして作業を進めるのに、一切こちらを見ずに次から次へと商品を流してきました。追いつけない時は声を掛けていましたし、人柄が苦手ではありましたが、挨拶はするようにしていました。

こちらでもスピードを調節できるようにはなっていましたが、勝手に操作されてしまったり、それでも無理な場合は商品が詰まって壊れないように、横に貯めておいてあとで流したりしました。いつも私たちは居残りみたいな感じになってしまいました。異物があってやんわり伝えると、それも気に食わないのか、積まれたバットを目の前で蹴り飛ばされたこともありました。

次第に、毎日この上司と組まされるようになり、会社に行こうとするとクリニックで貰った睡眠薬を飲んでも眠れなくなり、胃が痛くて吐きそうになりました。裏では、私が正社員になって会社を乗っ取るらしいと言うよくわからないデマが流れていたみたいで、この上司がいない時は親に言われてフルタイムで働かねばなりませんでした。

上司は、若い人ばかりすごく寒い場所で力仕事をさせておきながら、裏でタバコを吸ったり、事務所で先輩に愚痴を飛ばしているだけで、働いている姿を見たことはありませんでした。先輩たちも、私はフルタイムで働いているからと、仕事を押し付けて帰って行くようになり、休憩もなしで働かされました、台車を運ぼうとしたら肩が骨折しそうになり、整形外科に通うことになったり、有給がやっと出る矢先に、「みんな迷惑しているから、辞めてほしい。鬱になったら、相談に乗るから」と上司に説教され、耐えられなくて退職しました。その時の恐怖で就職活動が恐くて面接へ進めません。親の会社だったので、どこにも相談できずに悩んでいました。今更、苦しんだ分の損害を請求することは可能でしょうか。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ