さいたま市岩槻区で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

さいたま市岩槻区で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

さいたま市岩槻区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

さいたま市岩槻区の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

さいたま市岩槻区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

公園に面している場所に家を建てたが、禁止されているボール遊びをしていた子どもたちに給湯器を壊された。止めさせない親に対して損害賠償請求をしたい。

さいたま市岩槻区在住、40歳の男です。岩槻区内で公務員をしております。私の家族は、38歳になる妻と10歳になる小学校4年生の女の子、小学校1年生の7歳になる男の子、保育園に通っている3歳になる男の子がおり、5人家族です。

去年、念願だったマイホームを建てました。ちょうど宅地用分譲地が売りに出されており、その土地を購入し、注文住宅にて家を建てました。住宅ローンは、35年で組みました。

私たちの家は、ちょうど公園の隣に面しております。公園がすぐそばにあることもこの土地を買った大きな要因です。しかし、これが誤算でした。というのもこの公園には、近隣の子供たちが遊びに来るのですが、比較的大きな公園ということもあり、サッカーをしたり野球をしたりして遊ぶ子供たちも多くいます。公園の入り口には、ここではボールを使った遊びをしてはいけませんという看板も立っていますが、誰もその規則を守っていません。

ある日のことです。日曜日に公園で子供たちが野球をして遊んでいました。とても大きな音がしたので、家の外に出てみると、私の家の敷地内に設置してある給湯器にボールが当たった音でした。どうやらある子が打った打球が、給湯器にぶつかったようです。ボールがぶつかった衝撃が強かったためか給湯器は激しく損傷していました。これはただ事ではないと思い、家の中にある蛇口を捻ってお湯を出そうとしましたが、お湯が出ません。

家の中の全ての蛇口を確認しましたが、どこからもお湯が出なくなってしまいました。早速ハウスメーカーの人に来てもらい、被害状況を確認してもらうと、給湯器自体が壊れてしまっているため、給湯器自体の交換工事が必要であることが判明しました。交換工事に際しては、同じ型の給湯器を準備する必要があり、それがいつ届くかによるが、最低一カ月くらいは交換まで時間がかかる旨を言われてしまいました。

これでは、家でお風呂に入ることもシャワーを浴びることも出来ません。しばらくは近くの銭湯通いを余儀なくされます。また、食洗機などのお湯を使った製品も使うことが出来ません。せっかくの新築の家なのに、いきなり不便な生活を強いられるはめになってしまい、私だけでなく、妻も子供たちも憤りを感じています。公園で野球をしていた子供たちは一様に謝っていましたが、元々は公園では野球はやってはいけないルールを無視して遊んでいたことが、そもそもの事の発端です。それを放置していた子供たちの親にも責任があると考えます。給湯器の交換工事代金やそれに伴う銭湯に入るための料金などを公園で野球をしていた子供たちの親に対して、賠償請求をすることは可能なのでしょうか?

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ