飯能市で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

飯能市で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

飯能市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

飯能市の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

飯能市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

大切な形見を壊した子どもの親の態度に納得がいかない。弁償や慰謝料を払ってもらいたい。

市内に住む33歳の主婦です。会社員の夫と4歳の息子とマンションで3人暮らしをしています。私は接客業をやっていたためか人と話すのが好きで、息子の幼稚園のママ友とも仲がよく、ランチ会や自宅でパーティを開いたりして楽しんでいました。

ある時、ママ友の一人が誕生日だったので、私の家でバースディパーティを開くことになったのです。いつものように、掃除やお料理の準備をしていていましたが、その日は前日からの準備がおしていて、子どもたちに触ってほしくない私の母の形見でもあるアンティークの置物を片付けるのを忘れてしまっていたのです。

母は生前、そのアンティークの置物を収集しており、亡くなった際に父が家に置いておいても仕方ないとかなり破格の価格で売ってしまっていました。その中でも、母が一番大切にしていた置物を譲ってもらえるよう父にお願いし、譲り受けたものだったのです。

そのパーティも食事が終わり、子どもたちは子どもたちで仲良く遊んで、ママ友たちとは楽しくおしゃべりしていた時に事件は起こりました。ママ友の子ども2人で喧嘩がはじまり、電車のおもちゃを投げるなど、かなり激しい事態になり、その投げたおもちゃが母の形見の置物にあたり、落ちて粉々になってしまったのです。私は、一瞬何が起きたか解らずにただ茫然としてしまいました。

落ちた時の音で子どももやってしまった事の重大さがわかったようで静かになり、ママ友もその場で謝ってくれましたが、その時は、ただただ、悲しくて泣いてしまい、みなさんには帰ってもらう事にしました。

後日、置物を壊した子どものママ友が菓子折りをもって謝りにきてくれたのですが、「子どもがやったことだからしかたない。あんな場所においておいたあなたが悪い」と言われ、もちろん自分でも片付けなかった責任は感じていますが、怒りがふつふつと湧いてきて、母の形見だったこと、現在の価格だとこのくらいの金額になるという事を伝えて、今後どうするか連絡しますと言って引き取ってもらいました。

弁償してほしい気持ちはありますが、それ以上に母の形見を壊されたことへの怒りと悲しさがあります。形見を壊されたことに対する慰謝料は請求できるのでしょうか?このままでは私の気持ちがおさまりません。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ