和泉市で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

和泉市で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

和泉市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

和泉市の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

和泉市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

娘の友達が、娘のハイブランドのバッグを盗み、しみや強い臭い移りをつけて返してきた。友情を踏みにじられ、バッグを汚された賠償を請求するべきか。

和泉市に住む44歳の女性、パートです。会社員との夫とは再婚で、その連れ子(中学生・娘)と暮らしています。

娘は学校よりも塾の方が居心地が良いらしく、お友達もたくさんいます。その多くは感じがいいお嬢さんたちなのですが、一人「ちょっと不安だな」と前々から感じていた、Fさんという人がいました。一見真面目な子ですが、どうも夜遅くに年上世代の人たちと出かけたりしているらしく、格好が変に大人びて油断ならない、という感じでした。

彼女が家に遊びに来ると、その後で娘が「お母さん、私の〇〇知らない?」と聞いて来るのです。ささいなファッションアイテムや小物なのですが、度重なるのでおかしいと思っていました。

そして先日、ついには娘のバッグがなくなりました。決して安くないティーン向けの人気ハイブランド製品で、これは主人の母親が奮発して買い与えたものです。娘は泣きながら探し回りましたが、ついに見つからず。そして数日後、和泉市内のショッピングモールでFさんとばったり会った時、彼女が娘のバッグを所有していたのを見つけてしまったのです。生地の柄の出方で一品もののように見えるものなので、はっきり娘のものとわかりました。

静かに問いただすとFさんはだんまりを決め込み、一緒にいたお母さんが「まあ、お友達のものを黙って借りてきたの?しょうがない子ね」と…。異様なかばい方に私が茫然としていると、お母さんはその場でバッグの中身だけを出し、「お返ししますね。これからもお嬢さんとはよろしくお願いします」と言って、涼しい顔で去っていきました。

後でよく見ると、バッグ内側に食べこぼしのようなしみと、化粧品の強い臭い移りがありました。娘はすっかり気落ちして、二度と使う気になれないと言います。このFさんとは、もちろん絶交するよう娘にはすすめました。ただ他の部分についてはどう扱えばよいのかわかりません。友情を踏みにじられて、バッグを汚されたことに対する賠償、あるいは警察に届け出るべきなのかどうか…と言う点です。

素人の私にはさっぱりわからない問題ですので、まず弁護士の先生に、賠償問題を含めてご相談させていただきたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ