名古屋市緑区で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

名古屋市緑区で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

名古屋市緑区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

名古屋市緑区の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

名古屋市緑区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

友人にブランドバッグを貸したら、嘘をつかれて売られてしまい、ショックのあまり過食症になってしまった。友人に対して損害賠償を請求できるか。

25歳独身女性、名古屋市緑区の女子高で非常勤講師をしています。大学が愛知県だった関係で就職もこちらでしましたが、学生時代からの友人が近くにたくさんいます。そのうちの一人、Rとはゼミも同じで親しくし続けている関係ですが、最近何となく彼女のだらしなさが目に付くようになりました。

先日、私のバレンシアガのバッグを「一生のお願い、貸して」と泣きつかれ、大切に使うと言う条件つきでしぶしぶ貸し出しました。ものすごく大切なカクテルパーティーに行くのに、ドレスと色味の合う手持ちのバッグがないから…というのがその理由でした。Rはお嬢様育ちで両親と同居ですし、そんな風に言うのは妙だとは思ったのです。

2日後、「もう返してほしいんだけど…」とSMSで伝えると、しばらくの間沈黙。翌日になって、「ごめん、盗まれた」と返信してきたのです。驚いて電話をすると、パーティー会場からの帰り道でひったくりに遭い、警察に被害届を出したと言うのです。どうしてすぐに私に連絡しないのか、と聞くと「スマホも取られてたから…」と。

すぐに会うよう要請しましたが、これから仕事があるとか何とかで切られてしまいました。私のバッグだったのに…と、ひどい憤りを感じつつ、翌日Rの実家を訪れました。折よくお母さんがいたので話をすると、ものすごく驚いた顔をして「Rがひったくり?そんな話きいてない」と言います。そしてカクテルパーティーなどもなかったと。

そこへ帰宅したR自身に問い詰めると、何とブランド買取業者に売ってしまったと言うのです!彼氏が闇金借金だかで首が回らなくなっており、それを助けるために自分個人の貯金を使い果たしたと白状しました。現金化できるものがなくなってしまったので、友人である私の所持品に目を付けたと言うのです。

お母さんは泣いて取り乱し、「絶対に彼氏の洗脳だ、すぐに別れなさい」と激昂。Rは私に買取金額を差し出しましたが、購入時の金額よりずっと低いものでしたから受け取りませんでした。もちろんこんなRとは絶交ですが、大切なバッグを失った痛手に加えて精神的なショックがひどく、過食症に陥ってしまいました。こうなった以上、Rを損害賠償で訴えたいと考えますので、弁護士の先生に相談をお願いしようと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ