養父市で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

養父市で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

養父市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

養父市の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

養父市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

2週間の出張の際、飼っているピラニアをペットシッターの女子大生に頼んだところ、生餌をあげられず飢えて死んでしまっていた。彼女に対して損害賠償を請求したい。

養父市に住む、40歳の男性大学職員です。数年前に結婚した奥さんは外国人で、配偶者として在留資格がとれた途端に、「お仕事さがしに行きマス!」とはりきって出て行ってしまいました。最後に帰ってきたのは数か月前、私はそろそろ子どもが欲しいのですが、このままでは妊活もままならず、「ほぼ独り暮らし生活」が続いています。

そんな私を癒してくれたのは、ピラニアの「もぐ子」でした。小さい頃から熱帯魚が好きなのですが、結婚を機にようやくペット可物件を購入したので、ほぼ同時期に買い求めました。

普通のえさに加え、時々生餌として小魚や昆虫をやると、すさまじいバイタリティでもぐもぐ食べつくす姿が、もう何とも爽快なのです。奥さんと違って、お金の無心も日本生活の愚痴も言わないし、ただ黙って旺盛に食べるだけ。寡黙なもぐ子は、私の宝でした。

ところが先日、2週間の遠方出張を上司に言い渡されました。もぐ子の世話をどうしようかと悩んでいると、同じ大学の助教授に「私が時々、猫の世話を頼んでいる女子学生がいるから」と、ペットシッターをおすすめされました。彼女に直接会って、もぐ子のえさのやり方について詳しく説明し、合鍵を渡して、私は安心して出張に出ました。

ところが、2週間後に帰宅すると…何と言う事でしょう⁉もぐ子が、あの生命感にあふれていたもぐ子が、お腹を上に浮かべているのです!!!獣医に連れて行く暇すらなく、周辺に死臭を漂わせて、もぐ子はひっそり旅立ってしまっていました…。

泣きながらペットシッター女子大生に電話をすると、「ごめんなさい…実は、生餌の小魚がかわいそうで、どうしても水槽に入れられず、用水路に流してしまっていたんです」と。留守の間に帰宅した奥さんが、もぐ子を虐待した可能性も考えましたが、外傷はなかったので、やはりこの生餌の欠乏がもぐ子の死因だと言えます。

ですが、原因がわかり真犯人が慈悲深いペットシッターとわかった所で、尊いもぐ子の命は帰らないのです…。彼女は生餌に飢えたもぐ子のことこそ、哀れに思うべきではなかったのでしょうか。これは指示以外の行動を起こした彼女の過失であり、私の喪失の悲しみを賠償する責任があります。

涙を呑んで、弁護士の先生に賠償問題の相談をすることで、何とか死別の悲しみから一歩を踏み出したいと考えています…。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ