明石市で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

明石市で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

明石市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

明石市の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

明石市で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

隣の住人が夜中まで騒音を出しているため不眠障害に。慰謝料や、引っ越しの費用を隣の住人に請求したい

明石市在住、隣市の会社に勤務している30歳のOLです。隣市との市境で、人気エリアのわりには落ち着いた雰囲気の場所で、気に入って6年程住んでいます。一人暮らしをしている住まいは賃貸マンションで、各階に2部屋あり、私の部屋は最上階です。部屋も気に入っているので、結婚でもするまでは住み続けるつもりでいました。

ところが、半年程前に隣の部屋に新しい人が入居してから、いわゆる騒音に悩まされるようになりました。騒音は重低音の響く音楽です。隣人ときちんとした面識はないのですが、男性で、一度みかけたときはスーツだったので会社勤めをしていると思います。

いつも夜の10時頃に帰宅するのですが、帰宅後に音楽をかけ、夜中の2時頃まで音楽がかかっています。ただの音楽というよりも、重低音の響く、いわゆるクラブミュージックのような感じのもので、響いてくるような感覚でとても不快なんです。それまで私は12時頃には就寝していたのですが、この音楽のせいでなかなか眠りにつくことができなくなってしまい、毎日の睡眠時間が大幅に短くなりました。

1ヶ月程しても音楽は続き、私も音楽に慣れることはできず、管理会社に連絡をして隣人に注意をしてもらったのですが、その後少しの間は音が小さくなり、音楽のかからない日もありましたが、結局元に戻ってしまいました。それからは、音楽だけではなく、音楽がかかっているだけでイライラするようになり、音楽とイライラのせいで不眠になってしまいました。

一度は、隣のベランダに生卵を投げつけてやろうと思ってベランダに出て、何とか思いとどまったことがあるくらいです。でも、直接文句を言ってトラブルになるのは怖かったので、結局同じ街の別の部屋を探して引越をすることになりました。

でも、場所も部屋も気に入っていたので、腹が立って仕方がありません。引越費用、そして私の不眠とイライラに対する慰謝料を請求したいです。弁護士に相談をしたいのですが、請求する相手は隣人になるのでしょうか。それとも管理会社になるのでしょうか。隣人は表札もなく、ポストに名前も貼っていません。こんな状態でも相手に損害を訴えることはできるのでしょうか。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ