北九州市八幡東区で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

北九州市八幡東区で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

北九州市八幡東区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

北九州市八幡東区の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

北九州市八幡東区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

エアロビクスの大会で使用するCDをわざと捨てられ、実力を出し切れず初戦敗退してしまった。弁護士に相談して、ハラスメントの賠償を要求したい。

北九州市八幡東区内に住む、41歳のパート主婦です。会社員の夫・中学生の娘と3人暮らしで、目下の所は娘の塾など、教育費捻出が一番の悩みです。

そんな私の唯一の趣味はエアロビクスの一種です。マイナーな習い事で競技人口は少ないのですが、毎週一回北九州市八幡東区の市民体育館での練習に通っています。30-40代と、同年代のお母さん方がほとんどで、講師の先生も40代の女性です。私は以前、別の場所で違ったタイプのエアロビクスをしていたのですが、こちらに来てからはほぼエース級の存在になりました。

ただ、別流派からきて頭角を現しているということを、先生はあまりよく思ってはいないようでした。私もなるべく目立たないようにしているのですが、先生は事あるごとに私を皮肉るような言動をするので、好かれていないな…とは感じていました。

先日、皆が楽しみに待っていた大会が北九州市八幡東区であり、バスをチャーターして参加しました。道中で先生が、主催者に提出するため皆の演技用音楽CDを集めました。ところが会場についてから「あなたのCDはどこなのよ?」と聞いてくるのです。

確かに渡したはずなのに、先生はもらっていないと言い張りました。しかたなく、共通演目の音楽を使って個人演技をしたのですが、これは全体用に振り付けも簡単にしたものなので、私の実力を出し切ることはできず、低い評価で初戦敗退してしまったのです。

意気消沈しての帰り道、バスの中のトイレに入ると、半開きになったゴミ箱の隅、ふと見慣れたものが目に入りました。捨てられていたのは私の演目用CDです。私はそれを手に取り、除菌ティッシュで拭いてから持ち帰りました。いったん入手したCDを先生がわざと捨てたのは明らかです。こんな事をして、一体先生は何がしたいのでしょう?気に入らない生徒の私が、入賞するのをわざと阻んでしたこととしか考えられません。

私が先生にCD提出したのは、周囲にいたメンバーの数人も確認していますし、証言がとれると思います。こんな先生のもとで楽しくエアロビクスを続けることはできないので、チームは早々にやめようと思っているのですが、泣き寝入りはとてもできません。教室の主催者や競技協会などに連絡し、また弁護士に相談して、これらハラスメント(と言えるのでしょうか)の賠償を、先生に要求したいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ