福岡市早良区で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

福岡市早良区で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

福岡市早良区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

福岡市早良区の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

福岡市早良区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

散歩中、近所の大型犬に噛みつかれ飼っている小型犬が怪我をした。少額でも相手に対して治療費等を請求し、非を認めさせたい

40代の会社員です。私の家は福岡市早良区の新興住宅地の中にあり、昨今のペットブームの中、半数以上の世帯で犬を飼っているという、ペット地帯です。ほとんどの家では小型犬を飼っており、私の家でも小さな柴犬を飼っています。朝と会社が終わってからの散歩が私の日課になっており、毎日散歩をしています。

他の犬とのトラブルというものは、ここに住み始めてから3年ほど、全くありませんでしたが、一つだけ気にかかることがありました。それが近隣の住民で唯一大型犬を飼っているお宅です。

別に大型犬でもしっかり飼育していれば、問題はないと思うのですが、散歩している姿を見るとリードが長い、そして散歩させているのが70近くのお爺さんで、何かあったときにあの長いリードで犬を制御することができるのか?いつも不安に思っていました。

何度か、小さい子供が犬に吠えられて威圧され泣いているところもみたことがあります。幸い散歩の時間帯が違うので、私の犬とかち合うことはそれまでなかったのですが、ある日、仕事で遅くなりいつもの散歩の時間より遅く外に出ることになりました。

公園に来た時に、あの大型犬がいました。マスチーフ系の大きな犬なので遠くからみてもかなりの威圧感があります。あまり近寄りたくないと思ったのでコースを変えようと思った瞬間。私の犬が、大型犬に対して吠え始めて威嚇しました。飛び掛からないようにリードをしっかり押さえていたので、うちの犬から攻撃することはなかったのですが、次の瞬間、リードをゆるめた大型犬が私の犬に噛みつきました。

ちょうど雨が降っていて片手で傘をもっていたので、しっかりリードを握ることができなかったのでしょう。首もとを噛みつかれ血が流れました。すぐに二匹を離したので事なきを得たのですが、それでも外傷が残り、治療費もかかりました。

大型犬の飼い主の家に話をしに行くと「しかけて威嚇してきたのはそっちの犬だから、そっちの責任」のようなことを言われて話をしてもらえません。警察に届け出を出すことも考えましたが、器物破損で訴えることはできるけど、民事のことになるので警察は動けないと言われました。

治療費も少額で済んだので、そのままにしておくことも考えましたが、それでも大型犬を飼うならそれなりの注意義務が必要なのではないか?そう考えると腹の虫がおさまりません。例え少額でも相手に請求して非を認めさせるため、弁護士に相談しようかどうか考えているところです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ