千葉市中央区で損害賠償請求の法律相談をするなら弁護士法人ALG&Associatesへ

損害賠償請求は弁護士法人ALG&Associatesへお任せください!法律問題の各分野に長けた弁護士がお客様のトラブルを分析し、迅速な解決、最適な方法をご提案いたします。
30分相談無料 0066-9735-9054 24時間電話受付 メールでの来所予約も可能です。

このような場合でも、損害賠償を請求できる可能性があります!

  • 仕事中の怪我…損害賠償請求とは

  • 支払いの遅れ…債務不履行について

  • 違法行為を行われた…不法行為について

千葉市中央区で損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

  • 裁判を避けるため、示談交渉に応じてくれる可能性が高くなる

    交渉に応じる可能性が高くなる
  • 代理として交渉してくれるため、お客様が相手と直接話し合わずに済む

    直接話し合わずに済む
  • 訴訟(裁判)を起こすのであれば弁護士はほとんど必須

    訴訟を起こす場合は弁護士はほぼ必須

弁護士法人ALG&Associatesに依頼するメリット

弁護士法人ALGに依頼するメリット

千葉市中央区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

千葉市中央区の損害賠償請求ご相談の流れ

電話、またはメールフォームよりお問合せください。

お電話でのお問合せ

0066-9735-9054

24時間
電話受付
365日
対応
全国対応
可能

メールフォームでのお問合せ

メール相談はこちら

メール受信後、専任の事務員からお客様にお電話させていただき、ご相談内容について詳しくお伺いします。

法律相談のご予約

ご予約イメージ 法律相談のご予約

来所相談

ご相談イメージ 来所相談

ご契約

ご契約イメージ ご契約

お客様の声

実際にご来所いただいたお客様に、来所相談を受けた感想を伺いました。

お客様の声 お客様の声

※掲載許可のあるもののみを匿名で掲載しております。

千葉市中央区で損害賠償請求の法律相談をするなら

0066-9735-9054
24時間電話受付
全国対応可能
メール相談はこちら

解決事例

幼稚園に迷い込んだ犬に噛まれて怪我をしたケース

解決事例01 詳しく見る

歩きスマホの歩行者とぶつかりカメラが破損!修理代を請求したケース

解決事例02 詳しく見る

ドッグランで大型犬に追突され負った、怪我の通院治療費を請求したケース

解決事例03 詳しく見る

同僚に誘われて始めた武道の道場で、太っていることを理由に暴力を振るわれ病院に運ばれた。加害者たちに損害賠償を請求したい。

27歳の男性会社員(独身)です。就職を機に、千葉市中央区で一人暮らししています。

僕はずっと前からかなり太り気味で、そのせいで周囲の人間にからかわれて来ました。動作も鈍いし、でも誰に迷惑をかけるでもなし…と半ばあきらめていたのです。

が、感じのいい同僚女性Cさんがある時「武道をやってみない?とっても健康にいいのよ」とすすめてくれて、彼女が通う千葉市中央区の道場に入門してみました。

確かに、さほど体に無茶苦茶な負荷をかけるでもなく、適度に運動ができる感覚だったのですっかり楽しくなり、頻繁に通うようになりました。初心者のうちはひたすら楽しく続けて、やがて色帯を取得したのです。

ところがこのあたりから、上級者のA・D・Uに目をつけられるようになってしまいました。「女どもにちやほやされて、人気者気どりか。いつまでも初心者ぶってんじゃないよ、これくらいやってみろ」と、師範の目の届かない所で陰険にしごいてくるのです。

いつもかばってくれていたCさんが、お母さんの介護で長期間休んだ時、そのいじめがヒートアップしました。「〇ちゃん(僕)はプヨプヨだからさ」と、サンドバッグのようにされたのです。

何をしている!と師範がようやく割って入った時、僕はわき腹に蹴りや突きをくらって、ほぼグロッキー状態になっていました。ふらふらと帰宅したものの、やがて深夜に痛みが耐えられなくなり、救急車で千葉市中央区内の病院に運んでもらったのです。

検査をして、かなりひどい打撲や捻挫の他に、内臓破損の可能性があると言われました。数日間有給をとり、師範に電話して事情を話しました。ですが、「まさか、うちの門下生が…!」とあまり信じてもらえない様子です。やはり入門して日の浅い僕よりも、長く通っている加害者たち、A・D・Uの肩を持ちたくなるのでしょう。

まずはスポーツ保険に連絡するつもりですが、医療費以外にも仕事に出ている損害などが出るとは思えません。何より陰険なやり方でいじめを続けたA・D・Uを、法的に訴えたいと考えています。

こんな状況でも、加害者を訴えて、損害賠償を要求することは可能なのでしょうか?やはり専門の弁護士の先生に、まず相談してみたいと考えます。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。
実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。
ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。
秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

ページ上部へ