弁護士法人ALG&Associates 神戸支部

来所相談初回30分無料損害賠償請求を相談するなら

0066-9735-9054

メール相談はこちら

神戸支部

神戸支部長のご紹介

神戸支部長小林 優介Yusuke Kobayashi

兵庫県弁護士会 所属

弁護士法人ALG&Associates 神戸支部

プロフィールを見る

相談に来られる方が多く抱える問題、また支部での問題解決への姿勢についてお願いします。
損害賠償請求においては、こういう事情があるので、損害賠償請求したいというご相談(請求する側の方の相談)が多いと思います。また、こういう請求をされているのだが、どうすればよいかというご相談(請求される側の方の相談)も多いです。
まず、これらのご相談において共通していえることは、どのような事情から請求をする・されているのか、それがどのような証拠等で立証されているのか、損害額としていくら主張する、されているのか、など多くのポイントをチェックします。
そのような中で、請求する側の方としては損害をいかに回収するか、請求される側の方は損害をいかにブロックするかをロジック的に考えていき、相手方と交渉等で戦うことになります。
もちろん、依頼者の方が用意される証拠では十分でないこともあります。もっとも、弁護士としては、依頼者の方の心情も理解し、一緒に戦っていく姿勢、また、新しい証拠をつかめないか、こちらの有利に戦える材料がないか探っていく姿勢も重要だと思います。
私は、金銭的な問題をいかに解決できるか、という基本的な問題ももちろん重要だと思いますが、それだけでなく、請求したい方・請求された方の心情面にも配慮して、「金銭的な問題」だけでなく、気持ち・心情的に的にもすっきりして、依頼してよかったと言っていただけるような満足のいく解決を求めていきたいと思います。

損害賠償請求において、弁護士が一番活躍できる(依頼者の力になれる)仕事はなんでしょうか?

損害賠償請求においては、請求する準備としてどのような証拠等を集めて立証できるか、請求する段階として、どのように相手方を攻めていくか、そして交渉でまとまらない場合には、裁判等の手続きに踏み込むことを念頭に置いて動いていくことが重要です。これは請求される側であれば、またどのように反証できるかなどを見ていきます。
請求する準備段階では、やはり証拠が十分でない場合も多いですが、そのような場合でも、弁護士の目線で追加の事情聴取をしたり、追加の証拠を集めるなどして、さらに有利に進めることが出来ることもあります。
交渉段階では、知識と経験を生かした相手方との交渉、そして何より、どうにもまとまらなければ裁判等も辞さずという姿勢を示すことで解決に至ることもあります。
そして、訴訟段階では、もちろん、主張立証を尽くして、いかに請求を通すか、いかに請求をブロックをするか、を相手方の主張の矛盾等をつきながら戦っていきます。

損害賠償請求の案件に取り組む上で、大切にしていること、心掛けていることはありますか?

損害賠償請求については、請求される側の方にも多額の請求が来て金銭の支払の督促が来るというストレスがかかりますが、請求する側の方にも「いつ回収できるのか」「いくら回収できるのか」などのストレスがかかります。
依頼者の方のこのようなストレスから早期に解放されるためにも、何よりも迅速に解決をすることは重要です。
弊所では、金銭トラブルをはじめ、男女トラブルなどの損害賠償請求を多数手がけたノウハウ、知識などがありますので、同種事案での結果がどのようなものであったか、主張がどの程度とおりそうか、証拠がどこまでそろっているかなどをもとに、見通しを立てて、依頼者の方に示すようにしています。
「弁護士に依頼する=裁判を起こす、起こされる」という考えをお持ちの方は多いと思いますが、弁護士としては、むしろいかに裁判に移行せずに、交渉で相手方を協議で落とせるかが重要です。もちろん、相手方の出方次第では、裁判にすることもありますが、協議であれば数週間~数カ月程度で解決してしまうこともあります。少しでも早く、少しでも望ましい結果を出して、請求する側の方、請求された方の側依頼者の方に清々しい気もちになってもらえるようにスピード感を重視して動いていきたいと思います。
また、金銭的な問題をいかに解決できるか、という基本的な問題ももちろん重要だと思いますが、それだけでなく、請求したい方・請求された方の心情面にも配慮して、「金銭的な問題」だけでなく、気持ち・心情的に的にもすっきりして、依頼してよかったと言っていただけるような満足のいく解決を求めていくことを大切にしたいと思っています。

今までで印象に残った、もしくは貴重な経験となった損害賠償請求でのエピソードを教えてください。

不貞慰謝料を請求されている方から依頼を受けた件で、請求者と他方配偶者の夫婦関係の悪化をこちらが立証する場面がありました。
もちろん、このような場合、不貞行為時点で夫婦関係が破綻していたなどと認定してもらうことはかなり難しいのですが、それでも、当時夫婦関係が相当程度悪化していたなどという印象を裁判官に抱かせれば、損害額はいわゆる相場よりも低く認定してもらうことが出来ます。
私が担当した裁判では、尋問まで発展し、そのような中で、請求者に対する反対尋問において、請求者の主張する事情の矛盾をつき、証拠との矛盾をつくことで、裁判官からも補充質問(裁判官が請求者に対して追加で質問するということです。裁判官が私の尋問に対する請求者の回答が気になったから質問してもらえたのだと思います。)がなされ、結果的に当方に有利に、つまり、相場よりも低い損害額である印象をいただかせることができました。
結果的には、和解でまとまりましたが、個別具体的な事情を踏まえて、いかに矛盾を突くか、いかにウィークポイントみつけて効果的に責めていくかが大事かを痛感出来た、貴重な経験になった裁判でした。

神戸支部 詳細

所在地
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町95 井門神戸ビル5階
お問合せ
078-321-2515メール相談はこちら

神戸支部へのアクセス方法

  1. JR 神戸線 三ノ宮駅 西口から徒歩5分
  2. 阪急 神戸本線 神戸三宮駅 東口より徒歩5分
  3. 阪急 本線 神戸三宮駅 西口より徒歩5分
  4. 神戸市営地下鉄 海岸線 三宮・花時計前駅 出口1から徒歩3分

地図

ページ上部へ